Home > スポンサー広告 >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://zygoku.blog103.fc2.com/tb.php/160-7fd2dd47
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 地獄ブログ

Home > スポンサー広告 >

Home > 未分類 >

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-11-18 Wed 01:17:12
  • 未分類
サウスパークで、カートマンがカイルと賭けをした回がある。
シーズン11の10話から13話までの続きモノの中で交された賭けで、
妖精が実在したらカイルがカートマンのタマをしゃぶる、というものだ。
(実在しなかったらカートマンはカイルに10ドル支払う)

そのエピソードの途中で、結局妖精が実在して、
カイルはカートマンのタマをしゃぶることになるのだけど、
そんなホモくさいことはできねぇ、とカイルは約束を反故にする。

当然カートマンはぶちきれ、裁判所に訴える。
そこは契約社会のアメリカ、裁判所は
「カイルはカートマンの陰嚢と睾丸を口で吸引し、口内で30秒間湿り気を与えること」
という法廷命令を下す。

さてさて、ここで疑問に思ったのだが、現実に裁判所の命令で、
タマをしゃぶる、という契約の履行を強請することができるのだろうか。
思考実験をしていたのだが、結論が出ず、気になって仕事が手につかなくなってしまった。
(サウスパークに現実的帰結を求める時点で若干頭が沸いていたのかもしれない)

そこでYAHOO知恵袋に聞いてみた。

「わたしはあなたのタマをしゃぶります」という内容の契約を結んだ場合、その契約の遂行を民事裁判で強制できますか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1033085760

ベストアンサーが楽しみな反面、俺は何をやっているのだろう、と不安になる。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://zygoku.blog103.fc2.com/tb.php/160-7fd2dd47
Listed below are links to weblogs that reference
from 地獄ブログ

Home > 未分類 >

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。