Home > スポンサー広告 >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://zygoku.blog103.fc2.com/tb.php/158-4afeab60
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 地獄ブログ

Home > スポンサー広告 >

Home > 未分類 >

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-11-17 Tue 12:50:54
  • 未分類


外人に受けがいい料理と注意点がコンパクトにまとめられておりました。
コメントも含めて分けてみます。

■受けがいい料理

アメリカ
 ・甘辛い味付けが好き。焼き鳥、牛丼など。
 ・インスタント焼きそばやスナック菓子も喜ぶ。
 
東・東南アジア共通
 ・現地にも何らかの似た料理が必ず存在するので、
 ・何を食べさせても激しく拒絶はされないので安心できる。
 ・しかし感動も少ない。
 
東南アジア
 ・ちょっと濃いめの味付けがよい。
 
イギリス(ウェールズ)
 ・海苔の佃煮(ごはんですよ的なの)をトーストにのっけて食べる。
  だから寿司海苔を食べられる人も多い。
 ・肉じゃが似の料理があるから、肉じゃがもいける。

南欧や五大湖周辺
 ・日本人と同様に魚を食う。
 
■注意すべき点

欧米共通
 ・出汁の味はあまり感じないため、肉じゃがなどは不発に終わる。
 ・お好み焼きはゲロみたいでダメらしい。
 ・海苔とこんにゃくは、黒いのが気持ち悪くて、ダメ。
 ・味噌汁、柿などは匂いがダメらしい。

インド
 ・ヒンドゥーかムスリム=牛と豚を避ければOKと早計してはいけない。 
 ・インド人には意外とベジタリアンが多い。
 ・鰹だしも卵もダメなので相当苦しいメニュー選択を強いられる。

イスラエル
 ・ユダヤ教では肉と乳製品は一緒に取らない
  食後のコーヒーもフレッシュなしで飲む人が多い。
  一般家庭には肉用の流し台と乳製品用の流し台があるぐらい。
 ・なので、間違っても連中に「チーズバーガー」とか食わす勿れ。

ユダヤ
 ・魚は大丈夫だけど蟹や貝は駄目なんだっけか
 ・水の生き物で食べていいのはヒレ、鱗があるものだけらしい
 ・ウナギはヒレがあるけど鱗がないからNGなんだそうだ

宗教的な理由という意味ではさらに色々とありそうですが……
ただコチラ↓のコメントのとおり

イスラム教徒と一言で言っても、トルコみたいに「酒?大好物。肉?アッラーも日本までは見ていないさ」とユルユルなお国柄から、エジプトやイランなどのように破ればお互いに死に直結するようなお国柄まで様々。

確かにそうなのだと思います。
宗教だけでなく単純に個人の好き嫌いというものもありますしね。

― blogs.com - 日本での「おもてなし」はどうする?外人に受けがいい料理と注意点 (via yellowblog)
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://zygoku.blog103.fc2.com/tb.php/158-4afeab60
Listed below are links to weblogs that reference
from 地獄ブログ

Home > 未分類 >

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。