Home

地獄ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

判決から見る猟奇殺人ファイル 丸山 佑介著

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2010-01-03 Sun 04:06:59
  • 未分類

普段世話になっている作家の丸山ゴンザレスさんが新刊を出した。個人的に祝福したい。
買うのが礼儀だが、申し訳ないことに、購入していない。
年末の忘年会で旅行作家の嵐よういちさんからいただいたので正月の間に読ませていただいた。

よく調べてある。こういうトピックスはいくらでもネットで閲覧できるのが常だったが、
裁判の判決の経過にまで踏み込んでいるのは希だ。
裁判員の時代だから、とエクスキューズがあったが、それを抜きにしても十分楽しめる。
彼の取材力と筆力には舌を巻かれる。十数年前の事件でも、まるでその場に居合わせたように、
克明に描写し、読者を背徳と戦慄の殺人現場の渦中へいざなう。
読者は残忍な犯人を憎悪したり、社会背景に飲み込まれ犯罪者の道を辿るしかなかった弱者に同情したり、
なすすべなくその命をつみ取られた被害者達に息を呑んだりするだろう。

読みどころのひとつとしては、裁判が経過するにつれ、変容していく判決だ。
同情の余地のないクズ野郎と断言できる犯罪者、その正体が不可解な犯罪者が多く紹介されており、
彼らに対して、一般人が納得いかない判決が下されることも少なくない。
その構図から読者は、被害者に感情移入し、または犯人に感情移入し、
証拠状況によって加刑、減刑する裁判の行方に、「よっしゃあ!」「それは…」と、
一喜一憂できるのだ。おおむねアングラ好きやライトな資料フェチへの一冊と言えるが、
冬の読書感想文にも、ああ、つかえねぇな。


03224217.jpg

判決から見る猟奇殺人ファイル(彩図社) 丸山 佑介著
税込価格: \620 (本体 : \590)
出版 : 彩図社
サイズ : 15cm / 223p
ISBN : 978-4-88392-718-0
発行年月 : 2010.1

グレンラガン螺旋編のレビューを書いた

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2010-01-02 Sat 03:27:05
  • 未分類
ある情報誌に載る、1月27日に発売されるグレンラガン劇場版「螺旋編」DVDの販売促進レビューを書く。って昨年のやり残しの仕事というのは情けない話だ。

sample_image.jpg

サンプルとしてDVDも貰って、ならば紅蓮編もみなければ、とレンタルして視聴。
なにやらせるんだよ、この仕事は。紅蓮編・螺旋編合わせて計3回も泣かせやがって。
しかしTV版では8回くらい泣かされているのでまだ良い方だ。

俺はゲッターロボがとても好きで、グレンラガンはエヴァのガイナックス名義の作品で、自称“最後のゲッター者”中島かずきが脚本をやってるもんで、どんなもんよと見てみたらこれがまた、最高じゃねぇか。今時主人公が、自分の乗ってるロボットの名前を叫びながらポーズをとるだけで、周囲を囲む無料対数の敵が爆発を起こすアニメなんて真剣に見られるわけないだろ、と思うだろうが、是非是非、騙されたと思って見て欲しい。最高だ。

劇場版は新カットを多数、セリフ撮り下ろし、ラストバトルはほぼ新作画と聞いていたのでワクワクしながら見たが、ああ、これは、あれだ、その、悪ふざけだ。
もう楽しくなりすぎてしまったのだろう。特に声優の池田成志と上川隆也がひどい。いや、良いんだけど、やりすぎだ。もう上川隆也が演じるラスボスなんて、多分主人公達のこと好きになっちゃってるだろ。なんであのキャラで「ギガァ!ドリルゥッ!!」とかって絶叫するんだよ。

ただ残念な点もある。記事では当然触れられるわけないので割愛したが、重要度が高いものから挙げると、
・ラストバトルで流れる、中川翔子のTV版オープニングテーマの音量が小さい。
・最初の戦いの後、一度平和が訪れて、主人公の仲間達が乗っていたロボット(作中ではガンメンと呼ばれる)は処分される。その後、新しい敵が襲来した際に、最初の戦いに参加したメカニック・レイテが颯爽と現れて言う。「政府の連中が、処分してくれってあんたらのガンメン持ってくるからさ……、メンテしといた!」。あのシーンがない。
・バリンボー達が死なない。ラストバトルで死ぬのはキタンのみ。死ねってわけではないが、多元宇宙迷宮で主人公をカミナが助けに来た際に、「俺たちもいるぜ」とバリンボーらが登場するのは泣き所のひとつであるはずで、キタンだけなのはどうなのだ。
・尺の関係で、それぞれのシーンが大幅にカットされているので、キャラ立ちが阻害されている。ロシュウなんて脇役だ。肝心の「ロシュウ!歯を食いしばれ!」がない。それ以上に、ヴィラルが仲間になるのが唐突な感じがする。もちろんヴィラルは作中最も重要なパーソンのひとりであり、重要なシーンシーンでフィーチャーされるが、従う上司がことごとく死んでしまう死神っぷりがカットされるなど愛される要素が半減しているので、何故この人がここで取り上げられるのだろう、という感じになってしまう。刑務所での乱闘がないのも残念だ。

と、ここまでネタバレをばらまいておいて、アレだが、「なんだよアニメーションの話かよ」と言わず、ゲッターやヤマト、明日のジョーなど熱いアニメがお好きな方は、是非この機会にご覧になっていただきたい。満足していただけること請け合いだ。

あけましておめでとうございます

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2010-01-01 Fri 03:27:30
  • 未分類
2009年の最後のほうから、昔お世話になっていた探偵ファイルで記事を数点だした。
経営のB氏の体調が、サイトで報知しているとおりマジでやばく、彼が記事を書けない分のヘルプだ。
1月も時間の許す限り書いていきたいので、「あぶない探偵」で大道芸をやっていた時に、
応援してくださっていた方々は、つたない記事だが、応援してくださると本当に嬉しい。

あげた記事は、オーストラリア在住のおっさんに電話で取材したドラッグ関係の記事と、
デフレ牛丼関係の記事。オファー貰ったのが遅かったので年内はこれしか間に合わなかったが、
今も現在進行でガリガリやっています。

とりあえず今考えているのは、恐山にいって、クレヨンしんちゃんの作者さんに
来ていただいて、続きの構想を教えて貰う、などなのだがなぁ。
作者を変えて続編が始まる前に、やりたい。
というかイタコじゃなくて、ユタでもいいし、陰陽師もおろせるらしいので、
そのへんはリサーチでなんとかなりそうだ。
本職のSPに、誰か知り合いを本気「守って」貰って、俺が襲いかかる、なども面白そうだ。
もしもよかったら「てめぇ、これやれよ」ってケツを叩いてください。

そんなこんなで今年もよろしくお願いします。
都内で酒を飲んでいるときは連絡をいただければ駆けつける可能性80%なので、
騒がし係が必要な際は連絡をください。

中国の鳥人間コンテストの模様

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-26 Sat 21:27:08
  • 未分類
11e59d6a.jpg

472e9a5a.jpg

d44150f4.jpg

fb85ff56.jpg

スリッパ

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-16 Wed 00:57:59
  • 未分類
深夜に帰宅したらスリッパがいじけてた。
2009121600120000.jpg

注射器ってなかなか売ってないのな

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-14 Mon 22:23:18
  • 未分類
注射器が必要なので、さっきから通販で探しているのだが、
なかなか売っていない。
自分で食事が取れないほど弱った小鳥やラットなどに、
半練り状の餌を与えるための、先端が丸まった注射器なら売っていたのだが・・・。
先端が針じゃないならそこらへんのもので代用できるじゃないか。

うーむ、こういう事なら西成に居たときに手に入れておけば良かった。
そこら中で売人から買えるし、注意深く探せば道ばたに落ちていたのに。

やはり覚醒剤云々の問題で厳しいのだろうなぁ。
ポンプがなければ吸引すればいいじゃない、って誰かが言っていたな。

そこで、ペット用の注射器で最も細いタイプの注射針とポンプを注文した。
ヤスリで先端をとがらせて使おう。さて、カートに商品をいれ、精算に。

すると物が物だけに、使用目的を書く欄がある。それも必須だ。
「治療のため」とか適当に書けばいいのだろうが、きまじめな気質なもので、正直に書いてしまった。

「ステーキ肉にマンゴーやパイナップルの果汁(タンパク質分解酵素)を注射して、おいしく調理するため」

いや、華麗なる食卓ってマンガで敵の料理人がやってたから、俺もやってみたくなって。

東京藝術大学のフランス大使館のイベントいってきた

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-13 Sun 22:05:30
  • 未分類
この前居酒屋で友達になったあんちゃんが藝大で音響をやっていて、今度旧フランス大使館で展示をやるからきなよ的なことを言われ、そいつはありがてぇと遊びに行った。

メインは宇野邦一と港千尋のトークショー。
フレームという概念についての話が面白かった。
絵画のフレームと写真・映画のフレームは違う。
絵画は一枚の絵に天国と地獄を同居させられるため、フレームは実質存在しない、とかそんな話だ。

あとエマニュエル・リバがHiroshima, mon amourで広島に滞在した際に、
撮影した写真のスライドを見ることが出来た。
写真うまい。この女。個人的には歴史的資料の少ない原爆被害後の広島のスラムの様子が見られたのが満足だ。


ALIM0177.jpg


ALIM0174.jpg


ALIM0168.jpg

0000000001.jpg

山谷やられたらやりかえせ 見た

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-13 Sun 02:57:14
  • 未分類
ドヤに潜入して、その実態を撮影した映画、という触れ込みで見に行った。
そのドヤを支配するヤクザに監督が殺害され、撮影を引き継いだ監督も殺害された、と聞いて大興奮だった。

しかし内容は予想とはやや違った。

大分すると、

監督殺害の実態

山谷の当時の状況

労働者支配から労務者支配に移行する社会の様子

支配により加速化される差別の現実

それを統合する天皇制

天皇制と越境の亀裂の危険性

支配の本質fromアジアへの侵略戦争

ざっとこんな感じ。当初予想していたのは、山谷の労働者を撮影対象として捉えて、
常識を超越したスラムの実態、的な社会側からのルポなのだと思っていたけれど、
労働者側からの闘争の記録だったわけだ。

しかしそれはそれで面白い。
話は山谷だけではなく、筑豊、名古屋、西成など日本中のドヤを巡る。
特に筑豊の鉱山労働者の実態は圧巻だった。

出来る限り素材に手を加えず、主観を廃した作りになっているが、
立ち位置が労働者の側であるし、時代が運動の毛色をほのかに残しているので、
今見ると違和感を覚えるかも知れない。

また登場する人々の発言が中心になるが、
街頭で収録していて雑音が入りまくっている上、大半が拡声器でしゃべっているので、
なんと言っているか分かりづらいのも難。

それでも一見の価値はあると思う。

workers.jpg

井上修さんっていうドキュメンタリー映画の監督が来ていて、上映後、彼のトークショーになった。
このおっさんがまた愛すべきおっちゃんで、全共闘の際に、
現役ばりばりで運動をしていて、収束後は浮気しないでドキュメンタリーをとり続けて40年という天然素材だ。
しかも作った作品は40年間で4本。どうやってメシ食ってんだよ。

トークショーのテーマは「ドキュメンタリーの撮り方」。
しかしおっちゃん、ドキュメンタリーの方法論はそこそこに、
全共闘の正当性を語り始めて会場が頭をかしげはじめる。
さらには、そこから流動的に経済用語としての「搾取」を持ち出して、現代日本批判を始めたもんだから、
会場からつっこみが入りまくる。

つまりは情熱が強すぎて、感情論としての(字面の意味合いを前面とした)搾取と
経済用語の搾取が混同されまくっていて、そんなもんつっこまないほうがおかしいだろ、という話だ。
多分、おっちゃんがしゃべっていた時間と観客のしゃべっていた時間が半々なんじゃないか。
しかもおっちゃん、トークの最初に「全共闘以後の世代はインポだ」的な挑発をかましているから、
観客も引くに引けない。しゃべり場も真っ青な赤裸々ディベートが展開された。
このおっちゃんすげぇいいな、と思ったのが、マルクスとか出して批判してくる客がいると、困る。
困っちゃうのかよ! わからん、とか言い始める。最高。

その後、何故か会場に残った物好き10人くらいで酒を飲みまくる。
おっちゃんは、「泡盛をダイエットコーラで割りたい」と言っていた。
沖縄とアメリカを戦わせたいというのだ。あまりにもこのおっちゃんが気に入ったので、
来年の1月に台湾に取材にいくと聞きつけ、是非俺も連れて行け、と頼み込んだ。
いいぜー!、と言っていたけど・・・、覚えてっかな・・・?

寺島進結婚しちまったのかよ!

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-11 Fri 22:37:27
  • 未分類
俳優の寺島進(46)が11日、11月30日に28歳の一般女性と結婚したことを所属事務所を通じて発表した。寺島は「突然の事ではありますが、ご縁がありまして結婚することになりました。これからも役者として、人として、精進して参ります。今後とも宜しくお願いいたします」とコメントした。

【写真で見る】 「踊る大捜査線」のスピンオフドラマで主演を務めた寺島進

 相手の女性とは2年ほど前に知り合い、交際を続けていたという。結婚式、披露宴については現在のところ予定しておらず、会見も行う予定はないとのこと。

 寺島はオフィス北野所属で、「HANA-BI」や「BROTHER」など北野武監督作品を中心に活躍している個性派俳優。「踊る大捜査線」のスピンオフドラマ「逃亡者 木島丈一郎」では主演を務めた。








つぅわけで、俺も結婚するわ。年内に。

オークションで自分を売る男性

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-10 Thu 13:40:16
  • 未分類
【送料無料】3泊4日男性レンタル権!なんでもするよ( ̄0 ̄)/

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r59631225

商品説明

落札者の元にレンタル品(出品者本人)をお届けします。
後はもうご自由にお使い頂いて結構です。

使い方の例としては
・除雪作業に、、、
・パシリや買い物の荷物運び用として、、、
・クリスマスを1人で過ごすのが寂しい人用に、、、、
・仕事のお手伝いに、、、、
・遊び相手に、、、、
等など、、、、

使い方は自由自在
可能性は無限大\(^o^)/

※出来る限り落札者様のご要望に応えようとは思いますが、
常識から大きく外れた行為に関しては出来ない場合もありますので、その場合は事前に質問をお願いします。

・レンタル品は落札者の家には泊まらず、近くの宿泊施設等に泊まる予定です。なお、宿泊費用をご負担頂く必要はありません。

・タイトルには3泊4日とありますが、1泊2日でも当日返却でも可能です。
しかしその場合、落札金額の一部を返却すると言う事は致しません。
レンタル品の主な仕様

年齢:27歳
性別:男
製造元:日本(富山県)
今回のレンタルにおける1日辺りの最大動作可能時間:8時間

特に不具合などは無く、動作は良好です。問題ないと思います。
レンタル日について

実際にレンタルを行う日につきましては
12月16日~1月18日の間でお願い致します。
発送可能地域について

送料無料と記載しましたが、近くに宿泊施設の無い山奥や離島等にお住まいの方の落札はご遠慮下さい。
お支払い方法について

レンタル品到着後に直接お支払い下さい

---------------------

現在4万円。3泊だと落として派遣とバイトで稼がせまくるっていってもあまり黒にはならないな。

最近のつぶやき

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-09 Wed 02:36:51
  • 未分類
-twitter

友達にワシントン条約レベルのバカがいる。彼の家で酒を飲んでいると「つまみがあるっす」と鉢植えのままのミニトマトを出してくれた。風情があっていい趣向だ、と喜んで食べていると「喜んでもらえて嬉しいっす、そのトマト、俺の小便で育てたんすよ。なんか愛着わきますよね」珍しく人をぶん殴った。

天才的にバカな友達の家に遊びに行くと、不在だったが鍵は開いていた。とりあえず中にあがると、ゴミ箱に「波動砲」という市販最強クラスの打ち上げ花火が4個捨ててあり、ふと天井を見上げると4個、取り返しがつかないくらいの焦げ後があった。どうだっていいけどよ、何で家ん中で花火しちゃうんだよ

友達に管理職クラスのバカがいる。トイレに行くのが面倒だったため、ペットボトルにいつも用を足していた。その時点でアレだが、ある時母に見つかり、滅茶苦茶怒られた。ブツは母が庭に捨てるも、ブツの発酵具合は最悪で、「お母さんがげえげえ吐いててかわいそうだった」と語る。そいつは25歳だ。

友達はいい奴ばかりだが、同時に悲しいくらいのバカばっか。21歳で15少年漂流記を読み、何を思ったか、翌日ドンキホーテでゴムボートを買っちゃうような残念な奴がざらだ。買った直後にメールがきた。「カロリーメイトってどれくらい日持ちするかな?」他にするべき心配があるだろ、自分の脳とか。

ドバイで寿司レストランが開店、したが

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-08 Tue 12:32:12
  • 未分類
ドバイの若いビジネスマン、スルタン・カシム・スルタンはマンガ好きが高じてビジネスを始めた。
それは日本のポップカルチャーを集約した究極の殿堂を作ること。
そして、「マンガ・スシ」という名の店が完成した!

壁には棚が大量にあり、ぎっしりとマンガやフィギュアが並べられている。
ウェイトレス達は、人気日本産アニメのコスプレをして接客してくれる。
宇宙船をイメージしたという店内の壁にはアニメキャラのペイントが施され、
毎晩コスプレウェイトレスのダンスを楽しめる。

そんな華やかな空間で、舌鼓を打てるのは、オーナー、スルタン・カシム・スルタンがロンドンやカリフォルニアでインスピレーションをうけたという「スシ」という食べ物だ。アボガドやサーモンなどをライスで包んで食べるファーストフードのようだ。UAEのマンガ文化の躍進を象徴するようなポップカルチャーの殿堂は、今後どのような活躍を見せるのだろう!



なんでマン喫にメイドカフェ足して、さらにそこに寿司屋を足しちゃうんだよ。

クソリアルなエロゲー

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-08 Tue 12:00:19
  • 未分類
クソリアルなエロゲーが出るらしい。

http://www.youtube.com/watch?v=dmQX6S29_as&feature=player_embedded

めちゃくちゃワクワクして見たらただのCGじゃないか。
金を握りしめて赤線地帯へ始めてやってきた若者、置屋からは何人もの女が笑いかけてくる。
この人だ!がむしゃらに置屋に飛び込んでみるが、屋内の明かり、間近で見てみると、
相手の女性は、極めて微妙。顔は中の下……、いやいや、まじまじと見ると、さらに評価が下がりそうで顔を凝視できない。金を払い、せんべい布団に横になる。服を脱ぎ出す女性、その肉体には、隠そうとしても隠すことの出来ない生活の垢がこびり付き、寄る年波を象徴するように下腹部や二の腕がたるんでいる・・・。こんな瞬間の若者と緊張と興奮と後悔と懊悩を再現してくれるエロゲーがあるのなら、買う。

上記のゲーム、相当スペック喰うらしく、低スペックPCだとすげえことになっていた。
そっちのほうがやってみたい。

ハイスペックエロゲ『リアル彼女』を低スペックPCでプレイすると・・・-ザイーガ

最近のつぶやき

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-08 Tue 11:42:36
  • 未分類
-twitter

◇友達にギネス級のバカがいる。「メシ、食いに行こう」と誘うと「うん」と言い、いきなり道ばたの電信柱の根本まで行ったと思ったら、喉に指突っ込んでゲロを吐いた。「朝ご飯にふ菓子を1㎏も食べちゃったからお腹いっぱいだったの。これで食べられる」なんかもういろいろと意味が分からない。

◇友達にハリウッド並のバカがいる。金があまりにも無いので家で酒を造っていた。「お米をね、水にいれて置いておくとお酒になるの」「ふーん」「そうなの。マンガで読んだの」そいつは食中毒で2 日入院した。折しも季節は夏。自業自得だが、そもそも犯罪だし、行動力のあるバカは始末に負えない。

◇友達に未曾有のバカがいる。朝9時まで酒を飲み、べろべろのまま、帰ればいいものを何故かディズニーランドに行った。前後不覚で園内をうろつき、やがて限界が来て、幸せそうな家族連れが往来するど真ん中でゲロを吐いた。人々はキチ○イを見る目で見ていた。ちなみに吐いたモノは40秒で始末された。

◇友達にすんげぇバカがいる。「ホッピー飲んだことがない」というので仲間のひとりがホッピーの中身だけを注文して飲ませたら「ホッピーすんげぇうめぇな!」と言いながら12杯も飲み、べろべろになってぶっつぶれた。お前さ、それはただの焼酎だしさ、店員もなんで教えてやんねぇのかな。

サザエさん一家虐殺ゲーム

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-08 Tue 02:15:03
  • 未分類
なぜにサザエさん?

「サザエさん一家虐殺ゲーム」に夢中の小学生…ゲーム漬けの子供たちは「生死に無頓着」「キレやすい脳」に



それを紹介する記事は、相も変わらずうんざりなゲーム脳批判へ…。

記事全文
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=516675035

こういう記事の作り方(三分間クッキングのBGMに乗せて)

-------
「危ない!」。車が接近してきて、母親が男の子を抱き寄せた。男の子はびっくりして「えっ、お母さん、だってボク、車にひかれても死なんでしょ?」と、けげんな顔。ある幼稚園では、一人の園児が「朝ごはんはないよ。だってお母さんがダイエット中だもん」と、けろり。いずれも実際にあった話です。
-------

「実際にあった話」ってのがくせ者。ついでに次の、

-------
広い校庭の隅っこに数人座って、ゲームに夢中の小学生。やっているゲームのひとつは「サザエさん一家虐殺ゲーム」。「夜中の三時すぎまで、親に知られないよう布団をかぶってケータイメールしてた!」と、寝不足の中学生もいます。彼らの多くは、いつもハンバーグばっかりの「固食」や、テレビを見ながら会話のない「個食」が日常。こうした、子どもたちを取り巻く「メディア漬け」の話はつきません。
-------

「と、寝不足の中学生もいます。」、
「こうした、子どもたちを取り巻く「メディア漬け」の話はつきません。」、
いる&あるのはわかった。
しかし具体的な出典が記事のイントロにひとつもない。
いつ、どこで、(固有名詞の)だれが、が無視されている。
ついでに「語った」、「見た」、といった記者の被動作もない。
それは、明記すると困るから。つまり記事書いてる奴は現場を見ていない。
最序盤の「「危ない!」。車が接近してきて、母親が男の子を抱き寄せた。」、
こんな場面に出くわすか?記者は普通の人間だ(そうじゃない奴を何人か知っているが)
我々が日常で見ない偶発的光景を、記者だから、といって見られるものじゃない。
この演出は、極端な例をを挙げて、読者の視点を偏向させるためだ。
伝聞。著名は「島根の子どもとメディアを考える会代表」とあるから、
その「会」とやらの「善良な市民」とやら達からメールなり話なりが入ってくるのだろう。
裏とったか?

-------
外に出ると交通事故や不審者が心配だから、子どもが家の中でメディア漬けでも「その方が安心安全」という人がいます。では子どもの身体や脳は安全でしょうか。
-------

その人間は、何人の保護者の挙動言動を見聞きした上で、その内の何分の一だ?

-------
テレビやビデオ、ゲーム、パソコンゲーム、ケータイで1日4~6時間も費やす子どもたちがいます。画面上で何万人もの殺人と命のよみがえり体験を繰り返し、正しい死生観を獲得することさえ難しくなってきた今日のゲーム社会。そしてなによりゲームで脳の前頭前野が不活発になり、それにより「キレやすい脳」になると、多くの脳科学者が警鐘を鳴らしています。
-------

その子どもは、何人の子ど(略)。
その脳科学者は、何人の脳医(略)。
その話を聞く限りゲームという遊びは、共通して「何万人もの殺人と命のよみがえり体験を繰り返」せるらしい。
全部同じコンセプトなら商品選ぶ必要ねぇな。
根拠の出典があいまい、ということは根拠自体に触れて欲しくないということだ。
なぜ触れて欲しくないか。その根拠があやふやだからだ。

-------
作家の柳田邦男さんは「メディア問題は国家課題である。心が育たず、ゆがんだ人格形成を生むのが子どもの長時間のメディア接触だ」と言及しています。私は教師時代に子どもたちの姿からそのことを実感し、「子どもとメディアの問題」に取り組んできました。みなさんにお伝えしたいのです。「メディア長時間接触は、子どもたちの身体と脳、ことばの未発達を招く。そして人とのかかわりが苦手になる」ということを。
-------

作家の柳田邦男。もう73だしちょっと休めよ。ノンフィクション作家としては尊敬するが、取材に足を使ってた頃限定だ。
「メディア長時間接触は、子どもたちの身体と脳、ことばの未発達を招く。そして人とのかかわりが苦手になる」、
ここでこそ具体例が欲しいだろ。取材してなかったら出せないよなぁ。

-------
松江市はすべての保育所、幼稚園、小学校、中学校で本年度から、毎月「ノーテレビ・ノーゲーム」チャレンジ週間に取り組んでいます今、学校から地域へこの取り組みが広がりつつあります。決してテレビやパソコンを否定しているわけではありません。親が「ノー」と叫ぶのでなく、子ども自身が「この内容はノー」「これ以上はノー」と判断すること、「ノーと言える力と実行する力」つまり「自己コントロール力」を育てるのが狙いです。
-------

自己コントロールっていうか、貴様がコントロールしたいだけじゃねぇか。

-------
子どもは日々成長しています。対策を急がなくてはなりません。対策としては学校でのリテラシー教育と、もうひとつ「子どもたちの身体と心育て最優先の社会への転換」が必要だと考えています。子どもたちが「ゲームやケータイより、家族や友だちと外でいっぱい遊んだ方が楽しい!」「本が好き」「地域でいろんな人とふれ合い、体験や発見をすると元気がでる!」と言ってくれる世界。今、メディア漬けの世界から豊かな世界へと子どもを誘う、大人たちの知恵が求められています。
-------

「ゲームやケータイより、家族や友だちと外でいっぱい遊んだ方が楽しい!」
外で鬼ごっこやらなんたら、って話か?それももちろん楽しいが、ゲームやケータイが楽しくて何が悪いのか理由を呈示するべきだ。楽しいことは常に1つじゃなきゃいけないのか。
「本が好き」
いやいや、必要なら読むだろ。読んでいる奴は読んでいるし、読みたくなるものをつくれよ。
「地域でいろんな人とふれ合い、体験や発見をすると元気がでる!」
それで声かけ事案とか、未成年略取とか、暴行とかが起きたらまた発狂すんのな、あんたら。
ここまでだらだら引っ張って建設的な意見はひとつもない。
もうひとつ。だらだら引っ張れるということは紙面に限りがないということ。
つまり5W1Hを呈示できるはずで、根拠が明確なら説得力があるんだが、しない、できないからだ。

人から聞いた話と、読者が確認できないような例、巧妙な(滑稽な)ミスリードと、聞き飽きた一般論を足して、「私の正義感」という生ゴミを振りかけるとこういう記事になります。こういう記事をどんどん読んで、書いた人の思い通りになっていきてぇなあああああああ!

子どもの名前

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-07 Mon 22:26:13
  • 未分類
「月奈」

一緒に住んでるI(芸術家・25歳なのに卒業した某芸大に毎日遊びに行っているノーフューチャー)
のこの間生まれた妹の娘の名前なんだが、これでルナと呼ぶらしい。
わからなくもないんだけど、なら「月」でもいいし、「瑠奈」とかじゃ駄目なのか。字数か。
Iも言っていたが「別にかまわねぇけど学校の先生が大変そうだよな」同感だ。

そんな話をよく顔を出す編プロでしたら『「有吏」で「ウリ」君というのが知り合いの息子にいるぞ』
とも聞いた。

なぞなぞの領域じゃねぇか。

んで09年の命名で一番多かった名前を調べてみた。
女の子は「凜」ちゃんが一番多いらしい。
まぁ北斗の拳のこともあるし、普通に読めるから良いのだが、

男の子は「大翔」くんだった。読めん。
「たいしょう」?「だいと」?
読みは「ひろと」らしい。回りの人間も読めなかった。

しかしだ。変換したら普通に出てきた。
あれー。普通に大翔ってひろとって読むの?それともATOKが気を利かせたの?
不可解なのは俺は今のPC組んでからATOKの更新スキップしてんだけどね。

ちなみに4年連続一位なんだとか。
みんな「ひろと」と名前をつけるときは「大翔」って漢字を選ぶのか・・・。
他はこんな感じ。

54_20091205_00015.jpg

http://www.asahi.com/national/update/1207/TKY200912070309.html

颯太も蒼空も変換候補の中にあるのな。すげーすげー。なにがおきてんだ?
まぁ、読みづらくはあるけど、http://dqname.jp/の上位より5兆倍くらいマシか。

でもこういうんがスタンダードになっていくとどうなるんかな。
昔、変名が騒がれてるころに取材をした、
金融機関では、明らかに変な名前の人間はブラックリストに載せる。
偽名を疑っている訳ではない。身分証明はきっちりする。

その理由が悲惨で、
変な名前をつけるような親=家庭環境・経済状況・社会的地位は劣悪である、と判断、
返済能力に信頼が欠けるってんでブラックリスト行き。
まぁ、偏見だ。しかし金融機関も商売なので仕方がない。判断材料にできるものは無駄にしない。

でも普通の名前と変な名前の垣根がグラグラな昨今、もうちょっと時間がたてば、
平凡な名前、普通の名前の方が違和感をもたれる時代がきちまうな、こりゃ。

リアルカートマン

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-07 Mon 00:21:51
  • 未分類
最近のサウスパークでカートマンがエイズに感染する回がありまして、
それをカイルが笑うんですが、
「そうか、エイズが面白いか、そうだよな、じゃあお前も面白くしてやるよ」つって、
カートマンはカイルに自分の血液を注射して感染させる。
その後、2人は社会福祉のバックアップを切望したり云々するんだけど、
「福祉事業は、今はガンだ。エイズは古くて、もう儲からない。エイズ患者は貧乏だが、ガン患者は金持ちだ」
とかなんとか言われて絶望する、みたいな話なんですが、それを思い出しました。



「妻も陽性ならセックスしてくれるはず」 睡眠中に針刺しHIV感染させた男

ニュージーランドでエイズウイルス(HIV)検査で陽性と判明していた男(35)が、妻(33)が寝ている間に自分の血液が付着した針で刺すなどし、結果、妻を感染させたことを裁判で認めた。6日の現地紙スター・タイムズ(Star-Times)が伝えた。同紙によると「妻もHIVウイルスに感染させれば、自分と再びセックスをしてくれると思った」というのが動機だった。

裁判では、夫が過去に2回、自分の血液が付着した針で妻を刺し、感染させた経緯が詳しく明らかにされた。自分の血液をいっぱいに入れた注射器をもっていたところを妻が見かけたこともあった。判決はオークランド(Auckland High Court)高裁で2010年前半に言い渡される予定で、有罪の場合14年以下の禁固刑が科される。

夫婦は子どもたちとともに2004年にニュージーランドに移住。移住の際の健康診断で、HIV陽性と判明した。妻と子どもたちは陰性だった。妻は子どものためにそれまでどおりの生活は続けたが、自分もHIVに感染することを恐れ、夫とのセックスを拒むようになった。

2008年5月、妻は左大腿部に虫刺されのような痕を発見し、その2日後にも睡眠中に刺されたような痛みで目が覚めた。4か月後の定期検診で妻もHIV陽性であると判定されると、夫は裁縫針を自分の血液に浸し、それで妻を刺していたことを告白した。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2671737/5003963

波動

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-06 Sun 00:17:45
  • 未分類
ぽっかり1日だけ時間が出来たので、ひさびさに実家に帰った。
金曜の深夜に到着した。土曜日をゆっくりとすごし、その終電で東京に戻る予定だった。

まとまった時間が出来たので、髪でも切ろう。
地元にはまっちゃんという、中学時代に自転車でたんぼ道を走っていたら自転車の前輪が崩壊し、派手にこけ、右足を骨折。動くこともままならなくなり田んぼの中心で実質遭難、発見されるまでの36時間を田んぼの水を飲んで生き延びたという壮絶な過去を持つ友人が勤めている床屋があり、そこなら無料で散髪してくれる。

また、ジャンク屋に寄ろう。
いくらネットで検索してもメーカーの名前が出てこない、おそらくバンドブーム時に乱立した三文メーカーが鼻くそをほじりながら作った相当劣悪なギターやベースを「大人気商品!」と言って売ったり、完全に壊れた大正琴を定価の3倍の値段で「レア!」とか言って売ったりしている店で、俺はそこが大好きなのだ。

また、高校生の頃によく行った通称「残飯丼」という、肉と葉っぱと麻婆豆腐とゆで卵をシェイクし大量のご飯の上に大量にのっけたものを出す店があり、確かに美味いのだが、多すぎて吐いた記憶しかないのが懐かしく、もう一度食べてみたいのでそこにも行こう。

またタランティーノの最新作を見るのもおつだし、なんと言っても家族とゆっくり食事をするのが楽しみだった。

まぁ、なんだかんだ言って、いろいろとほくほくしながら、実家の玄関をくぐった。
母がまだ起きていた。なんだかニコニコしている。そりゃ息子が久しぶりに帰ればテンションもあがるだろう。
「ねぇ、聞いて。お母さんに最近すごい奇蹟が起こったの」
なんだか様子が変だ。
「最近ね、素晴らしい人にあったの」
うんうん。
「その人の“治療”のおかげで最近すこぶる調子が良いの」
なんだか雲行きがおかしい。
「その人は西洋医学でも東洋医学でもなく、独自に研究した“波動”の(ry」


ひさびさに実家に帰ったら母が“波動”にはまっていたでござる。の巻

残念ながら続きます。

最近のつぶやき

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-04 Fri 05:21:17
  • 未分類
- twitter

◇友達に核ミサイル級のバカがいる。この前、道で遭ったら、コンビニの袋に茶色い液体を入れ、ストローでちゅうちゅう飲んでいる。「何それ?」と聞くと「ウーロンハイ」。焼酎とウーロン茶を買ったのはいいが、混ぜるスペースが無くて袋で作ったらしい。残りの酒とウーロン茶は邪魔だから捨てたそうだ。

◇友達に宇宙チャンピオンクラスのバカがいる。この前、街で見かけたら、竹刀で地面をコツコツしながら歩いている。「何やってんの?」と聞くと「めくらの真似」。白杖が無かったから傘立てにあった竹刀を使っているらしい。車に轢かれちまえよ。

◇昔、友達の家に行き、ドアを乱暴にノックして「ニコニコ金融の者ですけどねぇ!返すもん返しましょうよぉぉぉおお!近所の皆さんここにドロボーがいますよぉ!」と大声で叫び、近所付き合いを気まずくする遊びが流行っていた。ある時、知り合いのバカが、家を間違え、本当に取り立ててきたことがある。

◇友達にバカの黒帯がいる。家に居る時、表で人の気配がすると思ったら、いきなり、にゅ、と郵便受けからチ○コが顔を出した。慄然としていると一度痙攣し、信じられない量の尿を放出し、また、にゅ、と姿を消した。微動だに出来なかった。後で理由を聞くと「居ないと思った。我慢できなかった」。はぁ?

映画のセットとかじゃなくて?

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-04 Fri 01:10:46
  • 未分類
884a0558.jpg

でも一緒に住んでるIの通ってた高校では、廊下でレイプがあった、って話だからな…。
廊下を原チャリで走る、とかならまだ分かるけどさ。

日本人が異常なのか?

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-03 Thu 23:32:46
  • 未分類
治安が未だに回復しないイラクでアジア系の出稼ぎ労働者が増えているという記事を読んだ。
福利厚生もしっかりとし、労働者達は昇級や賞与もある環境で満足しながら働いているらしい。
バングラデシュ出身の労働者は、月に100ドルも家族の元に送金できる、と語る。
バングラデシュなら100ドルは十分に一家が生活できる金額だ。

そこで雇用主の話になる。
あるレストランの経営者はスタッフ17人全員をイラク人からアジア人に変えた。
経費削減の意味合いは薄く、「彼らはまじめに働くし、長時間労働も厭わない」
と高評価だ。でもさ、

「彼らは長時間労働も厭いません。午前6時から午後6時まで働いてくれるイラク人なんでいませんよ」

……、おい、大抵の日本人は1日12時間以上働いてんぞ。

このコピペを思い出した。

---------------------------------

スペインの職場はこんな感じ。

* 自称早朝(ただし10:00)出勤
* 昼飯は当然自宅で。何があろうと自宅に帰って飯。
* 飯の後は昼寝。昼寝がないと働いてられねーよ、と。
* 午後はワイン(しかもボトル)でも引っかけながら陽気にお仕事。
* 職場がアルコール臭。
* 遠くから歌声が聞こえてきたかと思ったらこっちも負けては居られないと熱唱。仕事そっちのけ。
* 土日どころか、かったるい日は全般的に休み。
* 夏休みは7月から9月まで。でもなぜか仕事よりマメにバカンス先の写真を律儀に送る。

でも

22位 日本    35,650.850
25位 スペイン  33,385.028

一人当たりのGDP殆ど変わらないんだよなw

1位 日本   82歳
8位 スペイン 80歳

平均寿命もかわらねーw


---------------------------------

なにやってんだ

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-02 Wed 23:56:51
  • 未分類
取材で、日本の寒村のはずれにある、産廃業者が注射器とかチューブとか、そのまま捨てるとヤバいゴミをトラックに山盛りにして、夜な夜な捨てに来るという現場に張り込んでいて、寒いし、腹減るし、最悪の気分なんだが、頭はいやに冴えていて、校了の時間がぎりぎりだな、今夜来ないとやばいな、とか、フラッシュ焚いてだいじょぶかな、とか、産廃業者ってやっぱり天山を放射能であぶったようなヤクザのブルゴーニュ風みたいな奴で下手すると殺されちゃうんじゃねぇのかな、とか考えている。

腕時計を何回も見て、風の音とかが結構うるさいのに何故か秒針の音ははっきり聞こえて、時間がない時間がない。だんだんと焦りがつのってきて、すると木が茂った向こうに車のヘッドランプが見えて、心臓がどきりとするけど、興奮している自分がわかる。そんで産廃山盛りのトラックが来て、運転手が降りてくる。まだ撮るな、これじゃただ産廃積んでドライブしているだけの人だ。捨てる瞬間を撮るんだ、なんて0.1秒で考えたりしながら、カメラを握りしめる。

すると助手席から、もうひとり降りてくる。おいおいおい、まじかよ、民○党のRじゃねぇかよ。運転手に指図するようにしながら、ふたりで茂みの中に入っていく。これとっちまったら、トップ差し替えか?足音を忍ばせて後を追う。
茂みをかき分けると、そこは、村人に「これなんです、こまってるんです」とか言って紹介された現場とは比較にならないくらいめちゃくちゃ広大な産廃の山、っていうか原野で、地平線の果てまで続いている。その産廃の原野の所々でガスでも発生して燃焼してんのか、ぽつぽつ蛍火のような明かり。おいおいおい、こんな光景見た事ねぇぞ、ありゃ、Rも運転手もいねぇ、いいや、これ撮ろうよ。パシャパシャってやって、ファインダーから目を離して、改めて肉眼で見ると、すっげえ綺麗で、うおお、なんだコレ、ちろちろ踊る明かりが照らせるのはごく僅かな範囲なんだけど、それが絶妙のバランスで原野の輪郭を浮かび上がらせていて、感動。してる場合じゃねぇよ、さっさとバックレ&原稿だ、足早に元いた場所に戻る途中、トラックの前を横切ったとき、車内に誰かが居て、目があったような気がして、うわ、

ふと気がつくと、自宅の机に座っている。時間は午前10時。やべぇ、昼までに一本別の締め切りがあるじゃん。でも、そんなことしてる場合じゃねぇよ、早くさっき見たこと原稿にして、編集部におくらねぇと・・・、って、あれ、どの編集部に送るんだっけ?あれ、どの雑誌の仕事で張り込んでたんだっけ?畜生寝ぼけてやがる、やべ、もう11時だ。とりあえず別の締め切り原稿終わらせちまえ。んでその原稿終わって、メーラー立ち上げて、A社じゃねぇ、F社じゃねぇ、何やってんだ、俺、とめちゃくちゃ焦り、そうだ、午後からクライアントと記事稿の打ち合わせが!くそ、速攻で終わらせてその足で編集部行けばいいや。カメラからメモリーカードだけ抜き取って、駅へ、走りながら、そうだ、打ち合わせのあと、カメラマンさんと写真の打ち合わせで、夜から一本取材で…、

って、なんだこれ、今日はめちゃくちゃ忙しいな、え?だって雑誌の校了の日になんでこんなにつめこんでんだ。こなせるわけねぇじゃん、寒村まで行って、大仕事になってるの分かっていたはずなのに、馬鹿じゃねぇの。クライアントに会って、カメラマンに会って、やっぱり見積もりあめぇなぁ、抜け出す時間ねぇじゃん、合間合間に原稿の構成考えて、って順番が違う、まず素材を編集に見せてGOもらって、ってだから編集ってどの?あれ?

ってあたりで、産廃云々が夢だと気付いた。午後6時くらいだった。なにやってんだ?

最近のつぶやき

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-02 Wed 05:36:41
  • 未分類
最近のつぶやき-twitter

◇明日は中華街で取材。外国人に「外国人参政権欲しいですか?」って聞いてきます。ねぇ、うちの内閣は何考えてんの?

◇横浜中華街で取材中、裏路地に入るとたっしょんしているおっさんに出くわす。おっさんが言う。「情けないとこ見せちまったな、寒さで縮こまってんだ」解説ありがとう。

◇日の薬品卸売り業が中参入を狙ってるって。気の長い話だが、マトを得てるか。米との競争を情報のフィードバックサービスで補うというけど、物量・コスト安にどこまで対抗できるのかね

◇街頭アンケート。ヤローひとりで2時間やって5人しか集まらず、女性記者がきたら3時間で80人ってどういうことやねん?

◇先輩の朝日新聞出版の編集者に「雑誌は何を購読してます?」「コンビニにあるやつ」「全部?」「全部」「すごいっすね」「全部大見出しとリードしか読まない」見出しとリードに全てのセンスは集約するらしい。

◇育毛剤と脱毛剤を同じ分量、頭に振りかけたらどうなるんですか?

◇ちなみに下剤と下痢止めを飲んだ知人(大住有)は下痢止めが勝ったんだっけか

◇原稿書き。箸にも棒にもかからないZ級映画の販促テキストを20本明日までなんだが、この仕事のコツは、素材を視聴しないことなんだとか。見ると褒める気がなくなる。

メモ-カウントダウンライブ

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-01 Tue 21:26:15
  • 未分類
-------------
COUNTDOWN 2009→2010 @ O-EAST

2009年12月31日(木)
Shibuya O-EAST

■出演:ソウル・フラワー・ユニオン/渋さ知らズオーケストラ/TURTLE ISLAND and more...
[DJ]KENSEI/SEEN
■開場16:00 開演16:00
■料金;前売4,000円 (税込・オールスタンディング・ドリンク別)
■チケット一般発売;2009年11月21日(土)
■発売取扱;
チケットぴあ tel.0570-02-9999(Pコード;342-529)
ローソンチケット tel.0570-084-003(Lコード;76564)
e+(PC・mobile)
O-EAST店頭
■問;O-EAST tel.03-5458-4681

-------------

なんだかんだ言ってソウルフラワーのライブはいいのよなぁ。
大晦日にライブに行ったことないんだが行こうか、行くまいか。
問題はこの一週間前に渋さ知らズのライブがあり、そのチケットを買ってしまっていることなのだ・・・。

そもそも大晦日は毎年恒例の「除夜の鐘飲み」という、
行くところがない孤独な人々で集まり安居酒屋で、今年抱いた煩悩を告白しながら
108回乾杯して108杯ビールを飲むという、2日酔い確実のクソイベントが控えている。
(大抵その場で告白されるのは、ヤングアニマルのグラビアがあまりにも具合が良かったので、コンビニのトイレで抜いてしまった、などの本当にどうしようもないものだ)

どないしょ。

-ソウルフラワーの楽曲一部

満月の夕
http://www.youtube.com/watch?v=hxmBVUF3od4&feature=related
ラヴィエベル ~人生は素晴しい!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4812487
神頼みより安上がり
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1681860

北野監督最新作タイトル決定「アウトレイジ」

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-01 Tue 20:55:34
  • 未分類
おお、追加情報。

------------------
 北野武監督(62)が「BROTHER」以来9年ぶりに現代ヤクザを主人公にした最新作のタイトルが「アウトレイジ」(来年公開)に決まり、その場面写真が初公開された。

 題名は「極悪非道」の意味。北野監督は自ら主演し、脚本も手がけ、10月にクランクアップした。

 ストーリーの詳細も明らかに。関東一円を取り仕切る暴力団組織「山王会」組長・関内(北村総一朗)は若頭の加藤(三浦友和)を呼び、直参の「池元組」組長・池元(國村隼)の行動に苦言を呈す。加藤から直系ではない村瀬組の締め付けを命令された池元は、配下の「大友組」組長・大友(ビートたけし)にその役目を任す―というもの。

 撮影中、加瀬の迫真の“キレ演技”に拍手したり、度々「おもしろくて仕方ない」という言葉を口にするなど、北野監督も、出来栄えに満足しているという。
------------------(スポーツ報知

寺島さん出るよな?出るよな?頼むぜ。

市橋達也のそっくりさん

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-12-01 Tue 20:34:52
  • 未分類

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-11-30 Mon 20:51:59
  • 未分類
-映画では腹は膨れないが敵への憎悪をかきたてることはできる-佐藤満夫
-カメラは常に民衆の前で解体されていく-これが本当のドキュメントだと思う-山岡強一

『山谷(やま)-やられたらやりかえせ』(1985年)
佐藤満夫監督・山岡強一監督
1時間50分


http://homepage3.nifty.com/joeii/

関東最大のドヤ街である山谷を舞台にしたドキュメンタリー映画、『山谷(やま)-やられたらやりかえせ』の上映会が12月12日に中野である。
先日西成で一週間生活して、いろいろドヤという空間に強烈な興味を覚えている昨今、
是非とも見に行きたい。

この作品は、ソフト化されていないので、時々行われる上映会に足を向けなければならない。
何が凄いって撮影に関わった人間が二名、ヤクザに殺されているところだ。
俺も西成で撮影をしたが、カメラを出すのは危険だと言われていたので、
ペン型の小型ピンホールカメラで撮影していたため、大事はなかった。
そもそも、本当にディープなところを見たのかは定かではないし。
(自分の感覚では十分に濃厚な体験だったが)

人が殺されるほどの真実。ワクワクするし、是非見たいが、なるべく外野でいたいものですね。

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-11-30 Mon 00:48:25
  • 未分類
かつてはblogという小石しかなかったところに、twitterという砂粒が加わったのである。これを使わぬ手はない。---小飼 弾

というつぶやきを読んでからブログをやってみる気になった。
100のtwitterは1のブログになり、100のブログは1の企画になり、100の企画は1の書籍になるとかうんたら。
やってみようじゃないか。

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-11-29 Sun 05:33:01
  • 未分類
最近のつぶやき-twitter

◇男女問わず、生涯かけて遥かに思い続ける異性が、伴侶以外に1人いた方がよい。何歳になっても瑞々しい色気を保ち続けることができる。


◇西成は不思議だ。腹も減らないし寝なくても全然平気なのだ。正確には緊張して眠れない。こちらに来て48時間、一時間しか寝てないが、頭が冴えている。空気中に覚醒剤が粉塵なって漂ってるんじゃないのか?


◇三角公園(西成の混沌の中心)で明け方、焚き火にあたっていた。よくみると焚き火の薪は民家のドアだった。


◇西成の労働者の家に招かれる。閑散とした部屋で唯一の娯楽はテレビ。ブラウン管をながめているとひたすら空虚な気持ちになってくる。あれに写ってるもののほぼ全てが、彼らには関係ないんだぜ。


◇西成三日目。今日の宿はすごいぞ!掛け布団の他に毛布が一枚もついてる!カーテンとゴミ箱とハンガーもあるぞ!最高だ!!


◇テレビタックルで亀井さんが出て経済対策について討論してるけど、昔から思うんだが、みんないっせいのせ!で五十万くらい使いやいいんじゃねぇの?一気に回復するぜ。必要なのは飛ぶ勇気。

  • Posted by: 仇川 瞬一郎
  • 2009-11-29 Sun 02:12:37
  • 未分類
いまさらながら、

少年隊の東山紀之(43)

って単語おかしくね?

東山&佳乃、ともに真剣交際を認める
 少年隊の東山紀之(43)と女優、木村佳乃(33)が28日、サンケイスポーツ既報通り、ともに真剣交際を認めた。同日、双方がマスコミ各社に宛てたファクスで発表した。(サンケイスポーツ)

Index of all entries

Home

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。